Home > Diary | Photo > フルーツパン

フルーツパン

鮎ですか?この写真と一匹・・・なんとか。

天童と呼ばれていた幼少のみぎり、とぐろを巻いたコッペパンにホイップクリームとパイナップルやイチゴといったフルーツのつぶつぶが入ったパンが死ぬほど好きだった。
当時、シュークリームとかショートケーキといった食べ物は、年に一度お目にかかれるかどうかというあこがれの代物だった。
こじはん(おやつ)と言えば、「なべやき」と呼んでいた小麦粉を水で溶いたものに玉子や砂糖なんかを混ぜフライパンで焼いたものか、ふかし芋(さつまいも)と決まっていた。
そんな中、近くの商店には小麦を持って行けばパンと交換してくれるという素晴らしいシステムがあった。賞味期限などと言うものはどこにも表示していない、「あとは喰うほうで判断しろ」という潔いものだった。多少カビがはえていても、免疫力だけは異様に強かった私は、それを除けて食っていました。
生活の、物事の、基本は物々交換なのだと再認識する今日この頃です。

今日のMytube

似たような記事

コメント:0

コメントフォーム
入力を記憶

トラックバック:0

この記事へのトラックバック URL
http://plan0480.com/wp-trackback.php?p=1231
フルーツパン from PLAN0480

Home > Diary | Photo > フルーツパン

 

Page Top